• 2019年01月21日(月)

    修学旅行結団式

    決意表明事前指導
    明日から1月25日(金)の三泊四日の修学旅行です。本日は結団式を行いました。冒頭校長より,挨拶があり,続いて生徒代表が決意表明をしました。
    生徒代表者からは,この修学旅行では,まず時間を守ること,次に場所をわきまえて行動すること,関係者への感謝のことばを忘れないこと,が述べられました。
    その後,二学年部より,時間厳守のこと,明日の準備の確認と手荷物等,具体的な指導がありました。
    修学旅行の目的は,1.生徒が公衆道徳や集団生活のあり方と個人の役割を認識し,将来良き社会人としての資質を身につけること。2.自然や文化に直接触れることにより,豊かな情操の育成を図ることです。
    本年度のスキー教室は昨年度の栃木県から新潟県の石打丸山スキー場で行います。
    以下はおおまかな日程です。
    1日目(1/22)
    6時30分学校集合→6時50分学校発(鹿児島中央駅途中乗車)→鹿児島空港着8時2 0分→鹿児島空港発9時55分→羽田着11時30分→羽田発12時→上野公園→→→ 新潟県(エスプリホテル)
    2日目(1/23)
    スキー教室9時~15時30分
    3日目(1/24)
    新潟県8時発→→千葉県浦安(東京ディズニーリゾート)11時30分~19時15分
    4日目(1/25)
      千葉県浦安市(シェラトン・グランデ・ト-キョ-ペイ・ホテル)発8時→お台場9時着~12時→羽田着1 2時30分→羽田発13時50分→→→鹿児島空港着15時35分→鹿児島空港発16 時10分→→→学校着17時10分(鹿児島中央駅途中下車)

  • 2019年01月21日(月)

    和牛甲子園表彰式と校内弁当コンテストの表彰


     平成31年1月17日(木)・18日(金)の二日間に渡って,第2回和牛甲子園が東京都中央卸売市場でおこなわれました。
     本校からは「健志郎号 「ふうこ号」の2頭を出品しました。取組評価部門で最優秀賞,枝肉評価部門で優良賞を受賞,総合評価部門で奨励賞をいただきました。

     家庭クラブ主催の校内弁当コンテストでは3位が2年生活科若山莉彩さん,2位が1年生活科二宮愛瑞美さん,1位が3年生活科池上紗和さんでした。DSCN7907IMG_2316IMG_23221位池上紗和2位二宮愛瑞美3位若山莉彩

  • 2019年01月18日(金)

    双葉寮生1・2年 長期・特別入寮生の保護者の皆様へ

    双葉寮よりお知らせです。

    現在、長期及び特別入寮生の1・2年生については次年度入寮に関係する提出書類が必要になります。

    別添資料をご確認いただき、提出よろしくお願いします。

    なお、該当寮生には本日、配布しておりますので寮生が帰宅の際はご確認お願いします。

    義務入寮生についてはこのお知らせは関連はありません。あしからずご了承ください。

                                          双葉寮 舎監長

    継続入寮について[PDF:87KB]

    様式[PDF:72KB]

  • 2019年01月17日(木)

    課題研究発表会

    DSCN7893DSCN7904 生物工学科が3・4限目,農業経営科・生活科が5・6限目に課題研究発表会を行いました。
    科目「課題研究」で生徒が取り組んだ学習成果を生徒・職員の前で発表することにより,専門的な知識と技術の深化,総合化を図るとともに,問題解決能力や自発的,創造的な学習態度を育てる一助とします。
    農業経営科が7部門,生物工学科が11部門,生活科が12部門を発表しました。テーマは農業経営科が・草花の研究2018 ・食品加工班の1年間の取り組み ・ラビットスイカにおける自根苗と接ぎ木苗の収量・重量及び糖度比較 ・イチゴのプランター栽培を広く知ってもらうために ・サーワーポメロの精油の利用と分析について ・サワーポメロの貯蔵性の研究 ・サワーポメロソングを作る
    生物工学科が ・サツマイモ苗増殖用水耕栽培の基礎実験に関する研究 ・ナゴランとフウランの増殖及び商品化に関する研究 ・”鹿児島黒豚”の優良種豚造成を目指して ・”金の桜黒豚”の真のブランド化を目指して ・鹿児島黒豚の背脂肪厚改善による上物率向上 ・健康で発育の良い子牛を作るために ・ヨード注入による受胎率向上に関する研究 ・母乳の糖度・胸腺スコアと子牛の発育の関係 ・産子の性別とpHの関係 ・GAP認証に向けて ・植物酵素の力で臭気軽減を目指す
    生活科が ・郷土料理・地産地消を取り入れた学校給食 ・インターハイ試験栽培報告
    ・スイートコーンの発芽試験 ・みんな大好き【機種依存文字】さつまいも~新たな加工品作り~ ・海水を使って植物をわい化させることはでりきるか? ・農芸の卵を使った日常食 ・花を有効活用したい ・ズッキーニの誘因法の検討 ・韓国料理~ハングクヨリ~ ・通気性がいい土を使ったら生育はよくなるのか? ・ピクルスを広めよ ・ゴミはくさいが役に立つpart2 ~せったる堆肥編~

  • 2019年01月08日(火)

    三学期始業式

    本日より三学期が始まりました。始業式では,校長先生より次のような話がありました。

    今年も「ニューイヤー駅伝」で旭化成チームが3連覇を果たしました。最終区に出場した大六野君は,いちき串木野市出身で高校生の時応援していましたが,最後の最後に振り切って優勝しました。他にも神村学園の駅伝やサッカー,ラグビー等高校生が活躍しています。それぞれの選手が自分のできるところで頑張っています。皆さんも自分のできるところで今年も頑張ってください。
    今年の干支はイノシシです。猪突猛進,チャンスはいつ訪れるかわかりません。いつ訪れてもいいように「今」を大事にしてください。
    三年生は進路実現にむけて取り組みました。これからは,進路先の準備を進めてください。1・2年生は3学期が次の学年に向けた0学期になります。昨年の持久走大会はおととしと比べて男女ともに記録が伸びています。今年のチャレンジは何か,そのためには何をなすべきか,個人として,クラスとして,学年としてレベルアップをはかってください。

    IMG_2294

  • 2018年12月21日(金)

    表彰式と二学期終業式

    終業式の前に表彰式を行いました。大会は平成30年度京丹後市小町ろまん全国短歌大会,島津日新公忠良没後450周年記念第3回南さつま「いろは」まごころ短歌大会,第20回南九州市かわなべ青の俳句大会,第61回鹿児島県児童生徒作文コンクール,全国高等学校押し花コンテスト,2学期クラスマッチです。
    平成30年度京丹後市小町ろまん全国短歌大会は3年生物工学科の逆瀬川拓弥君(野田中)が大会大賞,他14名が入賞しました。島津日新公忠良没後450周年記念第3回南さつま「いろは」まごころ短歌大会では,2年農業経営科城戸将義君(鴨池中)が大賞,選者賞,他6名が入賞しました。 第20回南九州市かわなべ青の俳句大会では,3年生物工学科中野莉穂さん(生冠中)が南九州市教育委員会賞,1年生物工学科古川翼君(松元中)が南日本新聞社賞,他15名が入賞しました。学校賞は8年連続14回目となりました。第61回鹿児島県児童生徒作文コンクールは特選2名,入選1名でした。全国高等学校押し花コンテストは3年生活科來亜弥香さん(皇徳寺中)が西日本新聞社賞を受賞しました。
    授賞式では,校長先生より栄誉をたたえることばが述べられました。
    授賞式の後,2学期終業式で校長先生の式辞がありました。以下は要旨です。
    最初に,生徒みんなで終業式を迎えられることに感謝したいこと。二学期は,多くの行事があり頑張ったこと。さらに第69回日本学校農業クラブ全国大会鹿児島大会運営・結果について,生徒へお礼のことばが述べられました。
    また,生徒募集のため出身中への色紙作成やいちき串木野市長への表敬訪問等,外部へのアピールもできました。
    しかしながら,スマートフォンの活用の仕方については, 本人の了解なしに画像を勝手にアップしたことに触れ,本人が分からないところで本人の個人情報が拡散することになる。一人一人が責任持って行動してもらいたい。最後に, この休み期間に地域の行事に参加し,年末の大掃除など日頃できない手伝いをするように,3学期1・2年生は次年度に向けた0学期,3年生は就職・進学に向けて準備して,来年の新学期を元気に迎えましょう。と挨拶されました。

    IMG_2285IMG_2290

  • 2018年12月20日(木)

    酵素のはたらきを調べてみよう。(研究授業)

    食品製造担当の菊永先生が研究授業を行いました。酵素のはたらきを確認するために,ゼリーと寒天の上にキウイを置いたものと,すり下ろしたサツマイモにヨウ素液を加えて青紫色に変化することや,さらにその上にすり下ろしたダイコンを加えて青紫色がもとの色に変わることを確認しました。キウイやパイナップルには,プロメラインの酵素が含まれゼリー(タンパク質)を柔らかくさせることやダイコンに含まれるアミラーゼがデンプンに働くことを理解しました。酵素は,食品の品質や風味に重要な働きをする。発酵食品との係わりを学びました。

    IMG_4945IMG_4946IMG_4953IMG_4947IMG_4942IMG_4943IMG_4949IMG_4954

  • 2018年12月20日(木)

    赤い羽根共同募金活動と2学期末PTA

      PTAの全大会の前に生徒会を中心に体育館前で赤い羽根の募金活動を行いました。この日の募金額は8,534円でした。明日以降も募金活動を行う予定です。募金はいちき串木野市社会福祉協議会のいちき串木野市共同募金委員会に預けます。
    全体会では,会長よりPTAバザーのお礼が述べられ,その益金については3年生の卒業時のコサージ代に当てたいこと。校長からは体育祭,文化祭について,天候が悪い中実施できたことへの感謝の辞がありました。さらに本年度行われた農業クラブ全国大会プロジェクト発表会や持久走大会の本校生の頑張りについて報告がありました。そして,今年からスマートフォン条件付き持ち込み許可をしているが,フィルタリング等保護者の役割をお願いされました。その後,1年生は寮の食堂,2年生は武道館,3年生は体育館で学年ごとの学年PTAを行いました。1年生は来年度の修学旅行に向けての取組と進級時の類型学習について,2年生は来月の修学旅行についての準備と心構えについて連絡がありました。3年生は卒業までの日程と自動車学校入校の共通認識について保護者への協力依頼がありました。
    そして15時からは各教室にて学級PTAを行いました。
    IMG_2229IMG_2235IMG_2237IMG_2240IMG_2245IMG_2271IMG_2257IMG_2262

  • 2018年12月19日(水)

    2学期クラスマッチ


    「スポーツを通して互いに認め合い,交友の輪を広げよう」をコンセプトにスポーツ大会を実施しました。
    一学期は男子はグラウンドでサッカー,女子は体育館でドッジボールを行いました。今回は,女子がグラウンドにてサッカー,男子は体育館でバスケットボールをしました。クラスの互いがそれぞれの人格を認め合いながら,一つのボールをチームで回しながら得点を重ねていくことによってチームが一丸となり,クラスが一つになります。
    本日は大きな怪我もなく,生徒の皆さんが楽しく競技できたと思います。

    DSCN7846IMG_1979IMG_2098IMG_2168IMG_2106IMG_2222

  • 2018年12月18日(火)

    高鍋農業高校保護者視察

    高鍋農業高校から保護者10名と引率の先生1名が本校を訪問してくださいました。
    校長室にて,本校校長及び教頭より本校の概要について説明があった後,農場長が農場を案内しました。
    次に双葉寮の舎官長が寮内を案内し,昼食は生徒や舎監の職員とともに寮の食事をとりました。献立は親子丼と揚げ餃子とスープでした。DSCN7824DSCN7829