• 2018年12月12日(水)

    第2回防火防災訓練

    火災を想定して,避難訓練を行うことにより,万が一の災害に際し安全・的確に対処できる態度を養うことを目的に2回目の防火防災訓練を行いました。今回は本校化学室からの出火を想定した訓練で,校庭に避難しました。
    消防署の方から消火器の使い方の説明があり,その後,本校代表の生徒で実演しました。大きな声で「火事だ~」と叫びながら,消火器の黄色いピンを外して,片手はハンドルをもう片方の手はホースを持ちながら消火活動をしました。
    消防署の方からは,最近は火に巻かれて死亡する以前に,化学物質を含む新建材からのガスに巻かれて死亡することが多いということです。避難の際には,腰を低くした姿勢であるとともに口はハンカチやタオルで覆いながら逃げることが重要であるということです。
    IMG_1309IMG_1315IMG_1324IMG_1325IMG_1328IMG_1339

  • 2018年12月11日(火)

    オーストラリア研修の報告会

     5日間のオーストラリア研修の報告会を双葉寮で行いました。
     発表してくれたのは,農業経営科2年生の水元幹太君です。
     短い期間で,学んだことを一年生全員と二・三年生の長期入寮生を前に発表してくれました。
     学んだことの一つに,広大なオーストラリアの土地での農業経営はトラクターなどの農業機械は必需品であるということ。次に作物を栽培する上で水は重要であるということ。さらに海外で農業研修する上では,語学を身につけないといけないということ,等々自らから見聞したことを寮生に報告しました。寮生は水元君の話に真剣に聞き入っていました。次年度も海外の農業に興味をいだき,水元幹太君に続く後輩が出てくることを期待したいと思います。DSCN7671

  • 2018年12月07日(金)

    学校関係者評価委員会


    第2回学校関係者評価委員会を開催しました。5名の評価委員と9名の本校職員出席のもと,12月7日(金)10時~11時30分の間,校内案内と学校概要説明や意見交換を行いました。
    評価委員からは,生徒の進路意識と定着率の実態,地域行事への引き続き積極的参加,地域産業との連携と開発について意見交換をしました。進路指導主任から,本校の生徒の離職率は1割程度と報告がありました。
    また,学校評価のアンケートについて職員,生徒,保護者それぞれの視点での回答を評価委員に説明しました。
    IMG_1046IMG_1055

  • 2018年12月06日(木)

    職業理解ガイダンス

    1・2年生対象に13時50分から本校体育館で職業理解ガイダンスが開催されました。県内を中心に25の大学,短大,専修学校よりそれぞれのブースで説明していただきました。
      大学や専門学校で取得できる資格や,その後の就職先について知ることで,生徒一人一人の将来の選択肢を増やすきっかけとし,キャリア教育の観点からも,1・2年の時から自分の進路について考え,現在努力するべきことは何なのかを考えさせることを目的としています。
    IMG_1019IMG_1037

  • 2018年12月04日(火)

    津波に対する避難訓練

    本校は,海岸から近い場所にあり,津波が来たときに避難できるようにしなければなりません。16時から双葉寮にて津波に対する避難訓練をしました。
    津波の大きさにより寮の屋上か,近くにある山か,いついかなる時も心の動線を準備をしておくことが大事です。本日は小規模の津波との設定で寮の屋上へ避難しました。
    災害が発生した時は,慌てない,人の話をよく聞くこと,地域にあっては,弱い立場の人を優先的に避難させるような心構えをもつことが必要です。
    IMG_0991IMG_0945IMG_0980IMG_0987

  • 2018年12月04日(火)

    男女共同参画講座

    いちき串木野市の男女共同参画事業の一環として,外部講師に元鹿児島純心女子大学国際人間学部准教授の谷崎和代先生をお招きして講演していただきました。
    本講座の目的は,性に対する正しい知識を身につけるとともに,お互いを大切な存在だと思い行動できるようにすることです。
    最近ではデートDV等の男女間の暴力が問題となっていること。DVは物理的な暴力だけでなく精神的なものも含まれるとのことです。
    谷崎先生はYouメッセージではなくIメッセージで相手に気持ちを伝えることの大切さを述べられました。途中本校の生徒とロールプレイングをしながら,終始なごやかな雰囲気で講演していただきました。これからの男女のあり方について学ぶことができたと思います。どうもありがとうございました。
    IMG_0912IMG_0926

  • 2018年12月02日(日)

    いちき串木野市ふれあいフェスタに参加しました。

    市来アクアホールで午前8時30分から午後4時までいちき串木野市ふれあいフェスタが開催されました。市来農芸高校の生産物を販売する生徒2名とハーバリウム講座で生徒7名,運営ボランティアに生徒7名が参加しました。今人気のハーバリウム講座では,生徒が率先して体験者に説明し,楽しい時間を過ごしていました。

    IMG_4929IMG_4930IMG_4932IMG_4936IMG_4938IMG_4939

  • 2018年12月02日(日)

    第3回南さつま「いろは」まごころ短歌大会表彰式

    南さつま市総合保健福祉センターふれあいかせだで島津日新公忠良没後450年記念第3回南さつま「いろは」まごころ短歌大会表彰式が開催されました。大賞には,農業経営科2年城戸将義(じょうとまさよし)君の「収穫を手伝う祖母のぶどう園巨峰の肩に朝露光る」が選ばれ,選者賞も受賞し,審査にあたられた田之上郁代様から「巨峰の肩,肩ということばが入ることでぶどうの大きさや色,おいしさまでも想像をかきたててくれることや朝の涼しい時間帯での家族での収穫作業であろうか,作者のやさしさ,まごころを感じる」等の評価をいただきました。本校は,特選3名,佳作3名と学校賞をいただきました。

    IMG_4927IMG_4921IMG_4926IMG_4925

  • 2018年12月01日(土)

    第20回南九州市かわなべ青の俳句大会表彰式

    南九州市市民文化センター ひまわり館で南九州市かわなべ青の俳句大会表彰式がありました。南九州市教育委員会賞「あたたかや子豚にふくます哺乳瓶」生物工学科3年中野莉穂さんと南日本新聞社賞「筍の確かにありし足の裏」生物工学科1年古川翼君が特別賞を受賞しました。本校から165人全員が応募し,特選9名,入選が6名でした。学校賞も8年連続14回目となりました。これからも感性をみがき,いろいろなことにチャレンジしていきましょう。

    IMG_4916IMG_4917

  • 2018年12月01日(土)

    ちゃぐりんスクール みんなで力を合わせて大豆収穫!

    JAさつま日置ちゃぐりんスクールが開催され,「みんなで力を合わせて大豆収穫!」がありました。大豆の乾燥状態がもう少しのため,本日は2畝だけの収穫をしました。参加した23名は,大豆の栽培は初めてで,鞘の中の大豆が大きく育ったものやまだこれから大きくなるものなどを実際に見ながら鞘から取り出していました。大豆から豆腐ができることなど,まだまだいっぱい学べそうです。

    IMG_4908IMG_4910IMG_4911IMG_4912