• 2017年05月18日(木)

    農場を活用した課題研究の取り組み

    生活科の野菜班では,接ぎ木の技術を活用して1つの台木にピーマンやナス,トマトができないか? 本日の課題研究では,その種まきをし,覆土した後,底面給水法で灌水していました。その後は乾燥しないように新聞紙を載せジョウロで湿らせていました。野菜のハウス内には発芽に必要な条件(温度・水分・酸素・(光))に適する温度となるように農電園芸マットがありました。サツマイモのウイルスフリー苗も注文苗を提供済みです。課題研究に農場を大いに活用してください。

    IMG_2988IMG_2989IMG_2991IMG_2993

  • 2017年05月17日(水)

    平成29年度 中学生宿泊体験入学の案内!

    本年度の中学生宿泊体験入学は,7月24日(月)~7月25日(火)の1泊2日で行われます!内容は,ポスターのとおりです。是非体験して,何かを感じてみてください!きっといいものが見つかるはずです!各中学校へは,下記の要項が教育委員会から配布されます。

    poster[PDF:193KB]

    03【完成版】体験入学要項[PDF:937KB]

  • 2017年05月17日(水)

    市来農芸高校1年生の農場での授業

    生活科1年生の授業では,トウモロコシの開花の様子やダイコンについての説明かありました。入学してから種まき(播種),移植,植え付け(定植)を行ったナスには生徒一人一人の名札がつけられていました。これから草丈の伸長や花の様子,実の生長を記録しながら学んでいきます。ビニールハウス内のミニトマト横には,最高最低温度計があり昼の時間で26℃,最低温度は13℃を示していました。栽培の仕方や施肥,病害虫等に関する基礎・基本を楽しみながら身につけましょう。

    IMG_2980IMG_2983IMG_2986IMG_2985

  • 2017年05月17日(水)

    細胞の観察(理科実験)

     理科実験の1つで,本日は,細胞の観察を行いました。材料は,タマネギで,前処理(酢酸ダーリア液と1㏖/L塩酸に浸す)をした細胞片を顕微鏡で観察し,スケッチしました。また,乳酸菌の観察ではヨーグルトの上積み液を観察しました。タマネギは,細胞膜や核を観察でき,乳酸菌では菌の形や動きを観察することができました。

    DSCN3169DSCN3173

  • 2017年05月17日(水)

    ついに記者発表!

     生物工学科養豚班では,平成24年度から鹿児島県指定種豚場の認定を受け,これまで120頭の種豚を養豚農家に販売し,鹿児島黒豚のブランドの維持に貢献してきました。今回いちき串木野市の食の町推進課とこだわりとんこつ味工房みそのさんと学校の産官学連携で,食を通していちき串木野市の活性化に取り組むことになりました,そこで,切り口として学校でこだわりをもって飼育している黒豚をテーマに連携を深めることになり,その最初にブランド名とロゴを生徒達が検討を重ねて,決定したので,本日記者発表することになりました。明日は,その活動をMBCのかごしま4で生徒達が生出演してPRします。

     さて,ブランド名の「金の桜黒豚」のこだわりの飼育方法は、1.生徒が愛情を込めて育てていること。 2.分娩から肥育まで一貫して生徒が飼育していること。 3.指定種豚場から生産された黒豚のため鹿児島黒豚としての品質が保証されていること。 4.動物に対して、ストレスを与えないように育てていること。 5.通常の飼育では治療の為に数回使われる抗生物質を、本校では去勢時の1回しか使用しないことです。

    金の桜黒豚」の由来は、桜の要素として 1.私たちの育てた黒豚肉はきれいな桜色だったこと。 2.豚の足跡は桜の花びらと形が似ていたこと。 3.学校最大のイベントである入学式や卒業式は桜が彩る季節であること。 4.さくらは、いちき串木野市の市花として選定されていることなど。 以上のことから決定しました。

    ロゴは,上記の内容を全て含んだ形にしてあります。

    DSCN3178DSCN3182DSCN3189DSCN3190DSCN3193

     

     

     

     

  • 2017年05月17日(水)

    生産物評価委員会

    本日旬の野菜や加工品の評価委員会が行われました。

    ニンニク 200円/100g,ダイコン100円/kg,ミニトマト100円/200g,ミカンジュース100円/190g です。

    農芸市場等(毎週火14:00~)で販売されますので見に来てください!

    DSCN3162DSCN3163DSCN3165

  • 2017年05月16日(火)

    外部講師による出前授業!

    本日3・4限目2・3年生の生物工学科動物バイオ類型の生徒達を対象に,全国和牛登録協会鹿児島支部の福田祐貴さんと今村清人さんの2名が講師として,授業をしてくださりました。内容は,黒毛和種の品種の特性や審査標準に伴って,牛の見方を学習するものでした。講師の先生方より,学校の牛を例に説明いただき,その後生徒達が,実際に5頭の牛の評価をして,プロの評価との違いを学習する会になりました。生徒達からは,なかなか難しいとの感想がでていましたが,頑張って確かな目を持てるように頑張ってください!

    DSCN3157DSCN3161

  • 2017年05月16日(火)

    市来農芸高校定例の農芸市場が開かれ盛況でした。

    本日火曜日14時から定例の農芸市場が開催されました。駐車場には30台を越える車がありました。農芸市場では,生徒2~4名が毎週交代で販売実習を行い,地域の方々とふれあっています。今日は,約40分ほどで終わりました。体育館前では,生活科の生徒が花壇の植え替えを行っていました。サルビア・ファリナセア(ブルーサルビア)やサルビア・コクシネア・コーラルニンフが植えられていました。又,ツツジの花が終わったので,来年度開花のために職員が刈り込みを行っていました。花木の多くの種類は,花が終わって1月ほどで翌年の花芽分化が始まります。そのために,今の時期にツツジの草姿を整える必要があります。

    IMG_2972IMG_2971IMG_2977IMG_2973

  • 2017年05月15日(月)

    農場では,トウモロコシや寝太郎スイカが順調に生育しています。

    市来農芸高校の圃場では,生徒が種まき(播種)から育てたトウモロコシや寝太郎スイカ,トマト,キュウリが順調に生育しています。トウモロコシには花が咲き,寝太郎スイカには実習で生徒が液肥散布をしていました。事務室玄関前のプランターも春から夏に向けてのペチュニアやマリーゴールド,サルビアに代わり,アブラムシやコナジラミ等の害虫対策としてオルトラン粒剤が用土に施されていました。

    IMG_2954IMG_2965IMG_2966IMG_2968

  • 2017年05月15日(月)

    課題研究(生活科)

    生活科3年の課題研究で,地元の濵田酒造と協力して,市来保育園児に農業にふれてもらうために,イモの苗植えを4名の生徒が行いました。小さな子ども達が土や野菜に触れる機会を創ることで,豊かな心や感性を育てたいとの思いより実施しています。

    IMG_3717IMG_3733IMG_3768